スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の経過

ノエルのこと、私のこと、いろいろご心配や励ましをいただきありがとうございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。



みなさん、ボクを気にかけてくれて本当にありがとうございます。
検査に点滴、毎日とってもがんばったけど、通院疲れでネムネムです


現在、症状は落ち着いていますし、ノエルも元気を取り戻しています。
心配していた膵炎、すい外分泌不全ではないことがわかり、
検査を進める中で、疑われる病気の範囲もかなり絞れてきました。
症状のコントロールもかなりできてきて、当面の治療の方針もたち
まずは一週間、食事療法と経過の観察となりました。

ノエルが検査でいなかった日は、家がいつもの倍くらい広く感じました。
もちろん普段から可愛がって育ててるつもりですが、
本当に世界にたった一頭しかいない、
かけがえのないコなんだと改めて感じた一週間でした。

もうしばらくして落ち着いてきたら
また検査の内容等はブログで報告したいと思いますが
当面は治療に専念しますね。

みなさんの温かい励まし、応援をうけてきっと元気になると思います!

原因が絞れてきたのは少し安心ですね。

病気になると、改めて可愛さや大事さを痛感しますよね。

普段から愛情を与えていても、一緒にいるのが当たり前になっているので、

元気がなかったりすると、たまらなく不安になります。

あまり気を張り詰めすぎずに、お大事になさってくださいね。

No title

膵炎系じゃなくてよかったね。
辛いけど原因が分かれば対処できるから、ノエルくんの為にもなるもんね!
食事療法が体に合えば安心だね。

ノエルくんは我が家にとってもかけがえのない子だよ。
他の子では充たされない、ノエルくんだから大切なんだよ。
だからゆっくり療養してね。また元気になったら一緒に散歩でもしようね。

ややこしい病気じゃなくて、よかったです

ノエルまま、
本当に膵炎でなくてよかったですね。もちろん、普通の消化不良やアレルギーだって十分心配ですが、膵臓肝臓腎臓などは、本当に無事でいてくれなきゃ困る臓器ですから。

思えば、故アカネも、2-3歳の梅雨時から夏にかけて、ひどい下痢嘔吐血便に悩まされ、時々(時間があれば)病院に行って抗生剤を貰う、みたいな状態でしたっけ。
当時、アカネはフードが嫌いでした。そしてとても神経質でした。あくまでもフードを食べさせようと無理強いして彼女の根性を少し曲げてしまったことを、後々後悔しています。当時は、フード全盛時代で、手作りごはんとかトッピングごはんとかの本もありませんでした。

飼い主も体験から学ぶしかないのかな、と思い出すこのごろです。

個体差で、アカネが生まれつきでとても神経質で気位が高かったのかもしれないけど、実は第一子で一人っ子時代が長くて、その間に彼女の性格ができちゃったのかもしれません。

個性による差はあるものの、サンゴ・ケイカはあくまでも群れの動物なので、飼い主は比較的楽です。

うちの勝手な思い出話で長くなりましたが、梅雨の難しい時期の病み上がり、母子共に大変だと思いますが、早く元気一杯に戻れますように。

お母さんもお疲れを出さぬよう、ご自愛くださいね。

v-22ごえもんさん

お返事遅くなってごめんなさい。

大事な家族なので、ささいなことでも体調が悪いととても心配ですよね。
今は低アレルギーフードに切り替えて、症状は落ち着いてます。
たぶん食事のコントロールは一生続くと思うので、
のんびりとやっていきたいと思います。

v-22JENさん

お返事遅くなってごめんね。

ありがとう。
どの子もみんな世界でその子しかいない、
ほんとに特別な一頭なんだよね。
なんでノエルなの?とも思ったりするけど、
でも受け入れて頑張ってくしかないね。

ノエルの体調も大分落ち着いてきて、
昨日は航空公園に少しお散歩に行ってきたよ。
運転してみたけど、なんとか行けそうだから、
気分転換に平日時々連れて行こうかなって思ってるよ~。

Re: ややこしい病気じゃなくて、よかったです

v-22ばにぃさん

お返事遅くなってすみません。

ありがとうございます。重篤な機能障害等がなくて本当にほっとしました。
いまは低アレルギーフードに切り替えたところです。
症状も落ち着き、通院も何もなければ二週間ごととなりました。

アカネちゃんも嘔吐下痢で辛いときがあったんですね。
手作りやトッピングも、本は出ていても
まだまだ手探りという感じですものね。
私も実家で飼っていた犬に対しては、
フードの管理もいい加減だったし、
フード以外の食事は考えもしませんでした...。
でもフード以外の選択肢が増えてきて、
食の細い子やフードが苦手な子には救いでしょうね。

ごんちゃんけもちゃんは、家にやってきたときから
お姉ちゃんがいるので、やっぱり一人っ子時代を
体験しているアカネちゃんとはまた反応が違うんですね。

うちも、二頭目...と思ってましたが、
ノエルは一人っ子気質で育っちゃってますし、超神経質ですしね。
しばらくは療養に専念、ますます一人っ子化が進んじゃいそうです。
非公開コメント

プロフィール

ノエル母

Author:ノエル母
ノエル一家の紹介

ノエル母:自称、ノエルのお母さん。

オット:ノエル母のつれあい。24時間闘わざるを得ないビジネスマン。

ノエル:2009年3月18日、ノリコットファーム生まれのW.コーギー・ペンブローク。男の子。
パパはシュタイン、ママはルイ。
元オアシスのノエル・ギャラガーよりその名を貰う。
得意技は歓喜の舞(またの名を道路掃除...)。人が大好きな甘えんぼ。

ワンコとの生活などをゆるゆると綴るブログです。よろしくお願いします。

ノエルはいま何歳?
アーカイブ
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブクログ
最新記事
最新コメント
いつもありがとうございます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。